【映像】「フルーツのごちそう」にゾウも大喜び 雲南省シーサンパンナ

在线英语培训

2018-09-10

    针对学生的骗局  “熟人”借用手机,一去不返  19岁的小文,是大学城某高校的大学生,他喜欢在大学城熙街的一家网吧上网。最近,高校开学了,来网吧上网的年轻人多了起来。这几天,小文认识了一个40多岁的男子,几天下来,两人成了“熟人”。  9月6日下午,小文拨打110报警——他的手机被这位“熟人”骗走了。民警调查得知,拿走小文手机的男子姓乐,在这家网吧连续上网十天,一直未离开网吧。

    据介绍,此次活动通过“科技+文化”的深度融合,以“时空之门”为创作理念,打造中外弦音对话时空交响,呈现出集光影科技、现代艺术、古城文化于一体的光影盛宴。  作为当天整场演出的压轴大戏,1374架无人机从南门城墙上以及东西延伸区域起飞,汇聚至南门上空编队飞行表演,内容体现了城墙、丝路骆驼等图案。现场灯光、音乐立体配合无人机表演,达到声、光、机交相辉映的效果。

    赏牡丹之余,还可欣赏当地精彩的歌舞表演,体验珞巴民俗和藏医药养生,品尝米林特色美食。  贴士:广州每周一、五可直飞林芝,其他时间经重庆飞往林芝,再转车前往米林。编辑:李婷  “熊出没,请注意!”最近来到中国香港海港城海运大厦3楼LCX,你可能会邂逅一群远道而来的卡通熊熊。

  该行出台了《盂县农商银行大学生创业小额贷款实施办法》,对符合县域经济转型、科技含量高的大学生创业项目给予利率优惠。近年来,盂县农商银行创业贷款累计发放金额8000多万元,为500多名大学生圆创业梦奠定了基础。

    杨昌芹就是参与过研培计划的学员,像她一样的学员还有很多。理论知识、思维创意的短板让传承人手中的产品难以打动消费者,非遗的长远发展受限,研培计划无疑开阔了他们的艺术眼界,给传统非遗插上了现代的翅膀。  研培学员回乡开展培训、创立企业,带动非遗保护传承  文化和旅游部的相关数据显示,从2015年到2017年,研培计划的参与院校由最初的23所,发展到78所,举办培训期数由34期发展到196期。2017年培训学员8576人次,涵盖了笔墨纸砚、纺染织绣、金属锻造、漆器髹饰、陶瓷烧制、传统建筑营造、雕版印刷、竹编等331个国家级非物质文化遗产代表性项目。

    “现在蛇类越来越少,但是蛇的需求量却始终在增长,有需求就有市场。”沈永春介绍,看准蛇干深加工背后的商机,之后才逐步开始蛇的养殖及蛇干的加工、出口。沈永春早期只是简单粗暴式的捕蛇、卖蛇,经过不断地深入接触,自己才逐渐摸清了蛇产业的门道,经过近10年的发展,该企业已发展成为年产活蛇40吨,蛇干25吨的省内知名企业,产品远销日本市场。“我的合作社里蛇的品种几乎都是庆丰当地的,属于就地取材,整个秀洲区,只有庆丰有蛇类养殖场。

【新華社昆明8月22日】中国雲南省シーサンパンナタイ族自治州の野象谷風景区で12日、「世界ゾウの日」記念イベントが開かれた。 ゾウのパレードや「フルーツのごちそう」の提供、ゾウの写生大会、救助されたゾウ「羊妞」(ヤンニウ)の誕生パーティーなど、さまざまな催しが行われた。

 その中で最も注目を集めたのが「フルーツのごちそう」だ。 バナナやパイナップル、リンゴ、ドラゴンフルーツなど色とりどりのフルーツが、長さ数十メートルのテーブルいっぱいに並べられ、20頭のゾウがテーブルの前に並んだ。

観光客はスタッフの指導や保護の下、安全な範囲内でゾウが好きなフルーツや野菜をあげたり、間近でゾウと記念撮影をしたりして、アジアゾウの食性や食事について学んだ。 やんちゃなゾウはテーブルの上のごちそうを味わいながら、長い鼻を使って、慣れた様子で観光客の手の中にあるフルーツを取って口に運んだり、度々頭を上げて耳を振ったり、ぺこぺことおじぎをしたりして、観光客を絶え間なく笑わせていた。

アジアゾウの1日の食事量は膨大で、大人のゾウ1頭が1日に必要とする植物性食物は約150キロと言われている。

もちろんもっと食べるゾウもいて、中には300キロ食べるのもいるという。  「世界ゾウの日」は2012年8月12日に制定。 ゾウの密猟や象牙の違法取引に反対し、ゾウの生息地を保護し、苦境にあるアフリカゾウやアジアゾウを知ってもらうよう人々に呼びかけている。

(記者/張東強)当社のコンテンツは著作権法によって保護されます。

無断転用、複製、掲載、転載、営利目的の引用は禁じます。

推薦記事。